冬のコーディネート

重ね着して重たくなりがちなのが冬コーデの悩みですよね。ここでは、上手な季節のコーディネイトをアドバイスします。さっそく取り入れてみてください。

冬におすすめの好印象コーディネイト

冬は重ね着が多くなります。全体のシルエットを計算してアイテムを組み合わせれば、絶妙バランスになりますよ。おすすめコーディネイトを見ていきましょう。

ブルゾン×スキニーでつくる、Yラインシルエット。

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by improves
http://www.improves.jp/fs/improves/97745

上半身にボリュームをおいて、脚は細身にみせると、Yシルエットができあがります。このタイトなラインは、体型カバーや脚長に見せる嬉しい効果あり。薄手のVネックニットを合わせれば、すっきりとした好印象スタイルになります。

きれいめカジュアルの王道。大人バランスにトライ。

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by メンズファッションプラス
http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/acz/C4659

細身のショート丈Pコートに似合うのは、ほどよく太さがあるカーゴパンツ。程よいラフ感のある大人スタイルに仕上がります。インナーは、モタつかない長袖シャツですっきりと着こなすのがポイント。暗めの色だけでまとめず、ベージュ系の明るめを入れると引き立ちます。

ロング丈コートは、すっきり細身に着こなすのが今年風。

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by メンズファッションプラス
http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/acz/C4716

冬は、ロング丈の防寒に頼りがちですが、着ぶくれはタブー。今年のアウターは、細身シルエットをチョイスしてほしい。ボトムスには、スキニーやデニムパンツを合わせて。足元のボリューム感を出すためにブーツを履くとバランスが良いです。

冬のメンズファッションで注意するポイント

寒い冬は、色々着こんでしまいがちですが、着ぶくれにならないように。アウター、トップス、ボトムスも、細身デザインのアイテムをうまく組み込んでバランスよくコーディネイトしましょう。

ウールなどの厚手素材が楽しめるのも冬ならでは。素材の違いを利用してバリエーションの幅を広げたいですよね。

なんとなくダウンやモッズコートというカジュアルなアウターを選んでしまっているなら、もったいないです。今季は、大人のきれいめスタイルに似合う、ショート丈Pコートやダッフルコートも押さえておきましょう。

また、マフラーや手袋、ブーツでのオシャレを楽しむにも良い季節ですよね。小物使いや足元に気を配れるメンズは一目置かれますよ。

全体的に、ブラックやグレー、ダーク系など暗いカラーでまとめてしまうのもアリですが、暖色や白、ブルーといった色もうまく差し色に加えるのが冬らしくて素敵です。

この冬マストなメンズ服&小物はコレ

冬に大活躍するおすすめアイテムはこれ。持っておくと重ね着コーディネイトに重宝します。

ニット

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/sms151097

ハイネックやVネックなどのデザイン違いやカラーの違いで持っているとトップスがキマります。

カーディガン

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/spu141032

アウターを羽織ることを考えると、カーディガンはすっきり細身のものを選ぶと使いやすいです。

美脚パンツ

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/spu10029

冬の厚手素材で太って見えがちなパンツではなく、細身を選ぶとコーデに差がつきます。

キルティングジャケット

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/spu140545

上で紹介したコーデのアウターもおすすめですが、キルティングジャケットは便利。スーツに合わせても、休日のカジュアルにも重宝するはずです。

マフラー

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/tbu151232

首元にひと巻きすれば、オシャレなアクセントに。柄やカラーを入れて個性を出せるのも小物使いの楽しさです。