冬のコーディネート

重ね着して重たくなりがちなのが冬コーデの悩みですよね。ここでは、上手な季節のコーディネイトをアドバイスします。さっそく取り入れてみてください。

冬におすすめの好印象コーディネイト

冬は重ね着が多くなります。全体のシルエットを計算してアイテムを組み合わせれば、絶妙バランスになりますよ。おすすめコーディネイトを見ていきましょう。

ブルゾン×スキニーでつくる、Yラインシルエット。

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by improves
http://www.improves.jp/fs/improves/97745

上半身にボリュームをおいて、脚は細身にみせると、Yシルエットができあがります。このタイトなラインは、体型カバーや脚長に見せる嬉しい効果あり。薄手のVネックニットを合わせれば、すっきりとした好印象スタイルになります。

きれいめカジュアルの王道。大人バランスにトライ。

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by メンズファッションプラス
http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/acz/C4659

細身のショート丈Pコートに似合うのは、ほどよく太さがあるカーゴパンツ。程よいラフ感のある大人スタイルに仕上がります。インナーは、モタつかない長袖シャツですっきりと着こなすのがポイント。暗めの色だけでまとめず、ベージュ系の明るめを入れると引き立ちます。

ロング丈コートは、すっきり細身に着こなすのが今年風。

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by メンズファッションプラス
http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/acz/C4716

冬は、ロング丈の防寒に頼りがちですが、着ぶくれはタブー。今年のアウターは、細身シルエットをチョイスしてほしい。ボトムスには、スキニーやデニムパンツを合わせて。足元のボリューム感を出すためにブーツを履くとバランスが良いです。

冬のメンズファッションで注意するポイント

寒い冬は、色々着こんでしまいがちですが、着ぶくれにならないように。アウター、トップス、ボトムスも、細身デザインのアイテムをうまく組み込んでバランスよくコーディネイトしましょう。

ウールなどの厚手素材が楽しめるのも冬ならでは。素材の違いを利用してバリエーションの幅を広げたいですよね。

なんとなくダウンやモッズコートというカジュアルなアウターを選んでしまっているなら、もったいないです。今季は、大人のきれいめスタイルに似合う、ショート丈Pコートやダッフルコートも押さえておきましょう。

また、マフラーや手袋、ブーツでのオシャレを楽しむにも良い季節ですよね。小物使いや足元に気を配れるメンズは一目置かれますよ。

全体的に、ブラックやグレー、ダーク系など暗いカラーでまとめてしまうのもアリですが、暖色や白、ブルーといった色もうまく差し色に加えるのが冬らしくて素敵です。

この冬マストなメンズ服&小物はコレ

冬に大活躍するおすすめアイテムはこれ。持っておくと重ね着コーディネイトに重宝します。

ニット

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/sms151097

ハイネックやVネックなどのデザイン違いやカラーの違いで持っているとトップスがキマります。

カーディガン

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/spu141032

アウターを羽織ることを考えると、カーディガンはすっきり細身のものを選ぶと使いやすいです。

美脚パンツ

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/spu10029

冬の厚手素材で太って見えがちなパンツではなく、細身を選ぶとコーデに差がつきます。

キルティングジャケット

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/spu140545

上で紹介したコーデのアウターもおすすめですが、キルティングジャケットは便利。スーツに合わせても、休日のカジュアルにも重宝するはずです。

マフラー

冬のメンズファッションコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/tbu151232

首元にひと巻きすれば、オシャレなアクセントに。柄やカラーを入れて個性を出せるのも小物使いの楽しさです。

冬のメンズコーディネートで着ぶくれしないコツは「アイテム選び」

ここからは、着ぶくれせずに冬のファッションを楽しめるコツをご紹介します。

モノトーンでメリハリをつければ着ぶくれを感じさせない!

まず試しやすいのが、モノトーンでコーディネートをまとめること。全身同系色のコーディネートは確かにおしゃれですが、膨張色などを使えばすぐに着ぶくれした印象に。

白、黒のモノトーンでメリハリをつけて、着ぶくれした印象を軽減させましょう!トップスのインナーを白に、アウターとボトムを黒に……など、黒の面積を大きくすることで全体的にすっきりとまとまったコーディネートになります。厚手の素材を選んでも、着ぶくれしにくくなりますよ。

逆の白多め、黒少なめでも使い方によっては着ぶくれせずに着こなすことができます。メインのアウター、ボトムなどが白の場合、防止や靴、バッグなど小物で黒を取り入れ、すっきりとしたラインを作りましょう。

「着痩せしそうだから」と全身黒でまとめてしまうのはNG。野暮ったく、重苦しい印象になってしまいます。

とことん暖かいアウターを選んでインナーを薄手に!

冬は寒さのためについいろいろと着込み、結果的に着ぶくれしてしまいます。そうならないためには、とことん暖かいアウターを選んでインナーを薄手にしてしまうこと!

本格的なダウンコートやウールコート、ファーが使われたものなど、しっかり寒さから身を守ってくれるアイテムを選べば、インナーはシャツやカットソー1枚でOK!という場面が多くあります。

暖かいインナーは室内では不要かと思いますので、1枚でサマになるインナー選びも心がけてくださいね。

逆に発熱性のある肌着やカシミアのセーターなど1枚でしっかり体を温めてくれるインナーを選べば、アウターはすっきりコンパクトなジャケットだけでもOKになります。

着ぶくれしたくない!という方は、インナーもアウターもモコモコさせるのではなく、どちらかに重点を置くとバランスが良くなるでしょう。

帽子やマフラーなどの小物で寒いところを暖める!

「それでも着ぶくれが気になる」「冬でも薄着のおしゃれを楽しみたい」という方は、寒さを感じる部分だけを暖かくするコーディネートはいかがですか?

フェルト素材のハットやニット帽は、頭部の寒さを軽減してくれます。

マフラーやスヌードはしっかり首元をカバー。首元が暖まるだけで体感温度は変わってきますし、首周りにボリュームがあると全体がすっきり見えます。

足首もしっかりと暖めるため、厚手のソックスを用意しておきましょう。

これらの小物は着ぶくれを防ぐだけでなくファッションのポイントとしても活躍します。明るめの発色のいいアイテムをチョイスして、コーディネートにさりげなく取り入れてみてくださいね。

縦長効果のあるアイテムを最大限に活かしてすっきり見せる!

最後にご紹介する着ぶくれしないコツは、縦長効果のあるアイテムを使用すること。

コーディネートをバラバラの色味にしてしまうと、ブツブツと切れて短く見え、着ぶくれした印象にもなりやすいです。そのため、同系色でまとめてIラインを作るようにしましょう。

例えばブラックのボトムにブラックのシューズを合わせれば脚長効果!

アウターやトップスはストライプ柄のものにすれば、全体的に細長い印象になります。

コーディネートにおけるIラインはとっても重要。着ぶくれを防いでくれる他背を高く見せる、脚を長く見せるなど嬉しい効果がたくさんありますので、冬場以外でもどんどん活用しましょう!