ポロシャツ

春から夏にかけてのメンズファッションで大活躍する、ポロシャツ。カッコいい着こなしにするには、どんな組み合わせがよいのかお手本コーデも紹介します。

年齢問わず着こなせる、定番のポロシャツ

幅広い年代の人が着ることの多いポロシャツ。Tシャツよりもスマートな印象になるのが理由なのかもしれません。メンズファッションでは、トレンドに関係なく着られるので、数枚持っていると便利です。

ポロシャツは、鹿の子編みの綿素材を使っていることが多いです。他にも麻や化学繊維の混紡、伸縮性のあるフライス編みもあります。どれにしても、吸収性に優れていて丈夫。肌触りが良いというのが特徴的です。

ポロシャツの上手な選び方

カジュアルの中にきちんと感があるポロシャツ。どれを選んでも失敗が少ないというのは嬉しいですよね。今は、とてもカラーが豊富です。あまり派手でなければ、自分の好きな色や季節のトーンに合わせてチョイスしましょう。無地の他にも、柄の入ったもの、襟やポケットにワンポイントが入ったデザインも良いです。長く着られるので、あえてブランドにこだわるのもおすすめです。

ボトムスとの相性を考えよう

例えば、デニムやカーゴパンツなど、メンズファッションの定番パンツと相性はバッチリです。爽やかで活動的なイメージになります。キレイめに仕上げたい大人には、チノパンと革靴というコーディネイトも良いです。

絶妙なポロシャツスタイルはコレ!お手本コーデ

デザインやカラーはもちろん、他のアイテムとの組み合わせによって、まったく雰囲気が異なってきます。お手本コーデを集めましたので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

袖口やポケットに注目。こだわりのディテールが旬。

ロールアップのカモフラ柄が見える袖口、小ぶりでちょうど良いポケット。ただのポロシャツにとどまらないディテールが魅力です。サラリとした上質のオックス鹿の子素材は、見た目も着心地も爽やかです。

ボタンダウンの二枚襟。オシャレを主張する粋なデザイン。

大人の男は、こんなデザイン性の高いポロシャツで勝負したい。二枚襟&ボタンダウンで首元を飾る、斬新なポロシャツです。全体の柄と合わせたボタン使いや裏生地にもとことんこだわっています。デニムにもチノパンにも合います。

フェイクレイヤードがワザあり。1枚で重ね着コーデが完成。

普通のポロシャツでは物足りないという方にはこちら。スキッパー襟からシャツ生地がのぞく、フェイクレイヤードがスゴイ。これ1枚で、重ね着スタイルができちゃいます。首まわりにカッコいいポイントを持ってくるから、着こなしがキマります。

上品に印象深く。ウィンドウペン柄ポロシャツ。

トラッドな雰囲気を醸し出す、ウィンドウペン柄。ひと味違うポロシャツスタイルにトライしたいなら、こんな上品な1枚を選ぶべき。黒×白のコントラストがはっきりしていて目を引きます。爽やかな季節には白パンツでキメよう。

はじめの1枚に欲しい、何にでも似合うベーシックポロ

夏のトップスとして大活躍するポロシャツは、まずシンプルなデザインを制覇しよう。洗い替え用に、色違いで何枚持っていても重宝するはず。タウンユースにも、レジャーにも、スポーツにも、ベーシックなら、着こなし自在です。

ロゴプリントがセンスあり。スポーツミックススタイルに。

ビンテージ感のある、かすれたロゴプリントがオシャレ。こんなデザインなら、男らしくアクティブに着こなせそう。ダメージデニム&スリッポンで合わせれば、今年顔のカジュアルスタイルが完成します。

マリンテイストが夏らしい、マルチボーダー柄ポロシャツ。

アクティブな男に良く似合うマルチボーダー柄。爽やかなマリンテイストは、夏気分を盛り上げてくれます。袖口からインナーの半袖をチラ見せ。さりげなくセンスを感じる重ね着テクで、一気に旬顔になります。

おしゃれ男子は、ひと味違う。シャープなVネックデザイン。

ポロシャツという概念は捨てて、カットソーのように着られる素材感。首元は、シャープに開いたV字ネックデザインとなっていて、オシャレ度が高いです。こんな1枚があれば、ファッションセンスの違いをまわりにアピールできるでしょう。