Tシャツ

毎日のように着るTシャツ。あらためて、ネックの種類などの基礎知識を学んでいきましょう。選び方やコーディネイト術も分かってきます。

メンズファッションに必要なTシャツの基本と選び方をレクチャー。

Tシャツとは、襟のついてないTの字のカタチをしたシャツのこと。誰でも持っているし、よく使う定番アイテムだから、もう分かっているよ!と侮るなかれ。Tシャツを詳しく知れば、メンズカジュアルのコツが見えてきます。

Tシャツの種類をおさらいしよう!

首回りの空き具合で、名前が違います。あなたは、全部知っていますか? 首の見え方だけでも、イメージは変わってきます。

クルーネック

首元が丸くラウンドしている、最もポピュラーなタイプ。カジュアルな雰囲気をつくります。多くはこのクルーネックなので、着慣れていますよね。

Vネック

首周りがアルファベットのVのように広く開いているタイプです。男らしいクールなイメージをつくります。首が詰まって見えずスッキリとした印象を与え、小顔効果も期待できます。

Uネック

アルファベットのUのように首回りがやや広くカットされているタイプです。首周りの空き具合はVネックと似ていてスッキリとしていますが、よりカジュアルな印象が強くなります。

ヘンリーネック

首元にボタンがついているクルーネックのデザインです。比較的、カジュアルな素材やテイストのものが多いです。

自分に似合うデザインの選び方

Tシャツといっても、ネックの種類、プリントや柄、色、シルエットなども考えると、たくさんの種類がありますよね。ただ直感的に好きなデザインを購入してパンツと合わせてみました、というだけでは、もったいないです。メンズファッションでのTシャツ選びは、全体の着こなしを考えて、これなら使える!と思ったものを選ぶようにしましょう。

色を考える

白や水色、パステルカラー系の淡い色は膨張色なのでフワッと見え、ラフな印象が強くなります。黒や紺、グレーなどはシャープでシュッとした印象を与えて、大人っぽさやきちんと感が出ます。

シルエットを考える

細身にシェイプされたもの、ダボッとラフに着るもの、ロング丈のもの。よく見るとTシャツは、それぞれシルエットの違いがあります。

Tシャツは、見せ方で変わる!お手本コーデをチェック。

1枚でサラッと着たり、重ね着をしたり、Tシャツは着回し自在です。お手本になるメンズファッションを集めてみました。

V字ネックで男らしさアップ。無地一色でも、きちんと存在感。

Vネックが首回りをシャープに魅せて、男らしく着られる1枚。あえての無地が洗練された印象に。シンプルだからこそ、合わせるアイテムには気を使いたい。短パンと白スニーカー、帽子というセレクトベストです。

かすれプリントがレトロな雰囲気。こなれたカジュアルスタイル。

アメリカのユースTシャツをモチーフに、味のあるロゴデザインを再現したTシャツ。ぴったり細身のサイズ感でキレイに着られるのがカッコいい。こだわりのジーンズを履いて、思いきりアメカジテイストを楽しんでほしいです。

インパクト大の1枚で、自分を主張してもいい。

ときには、Tシャツでハメを外すのも、オシャレ上級者。アートを感じるなら、目立つ色使いのプリントでも積極的にチョイスしてみよう。いつものTシャツ&ジーンズがハイセンスに格上げ。試してみる価値アリです。

モノトーンの洗練テイストは、大人のメンズにお似合い。

どうしてもTシャツは、カジュアル感が出がちですが、これならシックに着こなせそう。モノトーンで切り替えたデザインに無駄がなく大人っぽいです。1枚でも主役級。シンプルだから、インナーとしても活躍します。

さわやかに着まわせる、ボーダー柄は持っておきたい。

無地Tと同じぐらいの頻度で使いまわせるのがボーダー柄。このTシャツは、天竺ジャガード素材でソフトな着心地。胸元には音楽プレーヤーも入るポケットつき。定番だからこそ、こんなこだわりのある1枚を選びましょう。

首元がキレイに見える、セクシーな深さのUネック。

深めに仕立てられたUネックのTシャツ。大人っぽくセクシーな首元を演出して、アクセサリーをつけてもよく似合います。ウエストラインもシャープで細見え効果抜群。インナーとして着ても邪魔にならない丈がちょうど良いです。

全体にオシャレを効かせた、ボタニカルプリントが斬新。

全体に柄を効かせたTシャツも1枚あると使えます。ヴィンエージ調のボタニカルプリントがオシャレ。色がおさえめだから、嫌味なく着こなせます。短パンやデニムなどカジュアルボトムなら、どれでも似合うはず。

重ね着風がワザあり。チラ見えシャツがポイント。

2枚重ね着している風に見えますが、実はこれ1枚。人気のレイヤードが着るだけで完了する便利なTシャツです。裾と袖口から見えるシャツが全体を引き締めてシャープに見えます。