ビジネスコート

ビジネスコートは、一昔前のおじさんコートとはもう違います。さりげなく個性のある上品なコート。そんなデザインを選ぶためのヒントを解説します。

ビジネスでも使える上品なメンズコートとは

ビジネスシーンでは、TPOをふまえた服装が好ましく、どうしてもコートはモノトーンでワンパターンになりがち。勤めている会社のカラーや業界によっても違いがありますよね。ただ、コートというのは冬のメンズファッションのなかでもオシャレに差がつく、気を抜けないアイテムです。

選び方のポイントは、さりげなくオシャレであること!

駅などでよく見かける、仕事帰りのおじさんが着ているコート、分かりますか?色は絶対に黒で、ひざ下まである、デザイン性のないロングサイズ。そういう人におしゃれ心は感じませんよね。かといって、奇抜すぎるデザインはNGです。値段が高いものを着れば良いとも限りません。何が大事かと言うと、その人のスーツスタイルにいかにフィットしているかということ。ほどよくトレンドを取り入れたシンプルテイスト。これが、理想的なビジネスコートといえるでしょう。

ビジネスコートのおすすめ商品をチェック!

このサイトで紹介しているメンズファッション通販ショップでも、ビジネスコートが購入できます。その中で、スーツに似合うおすすめをピックアップしてみました。おじさんコートは脱ぎ捨てて、イケメンスーツスタイルにトライしましょう。

上質のウール素材が際立つ、フードつきステンカラーコート。

ビジネスコートのコーデ例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/outerwear/buy150337

ステンカラーコートは、どんなシーンでも幅広く着こなせて重宝します。首回りにボリューム感を出すフードつきが◎。マフラーをゆるめにひと巻するとカッコいい。上質なウール素材は、暖かく、見る人が見れば違いが分かります。

ずっと愛用できる高品質。正統派のビジネスコート。

ビジネスコートのコーデ例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/outerwear/spu150754

ビジネスの大事な場面にも使える、定番デザインのステンカラーコートは持っておいた方が良いです。服装は信頼を作ります。だからこそ、生地やシルエットにこだわった、長く愛用できる高品質を選んでおくのをおすすめします。

オシャレしながら暖かい。使い勝手の良い3WAYコート。

ビジネスコートのコーデ例

Photo by MAGASEEK
http://www.magaseek.com/product/detail/id_001670290-mc_031

飽きのこないシンプルなフードつきコート。ネイビーの深みのある色味が魅力的ですが、それだけではありません。コート単体、インナーダウン、ダウンコートの3WAY仕様。働く男は、オシャレも機能も手を抜かないのが正解です。

シックに仕上がったモッズコートなら、ビジネスシーンでも愛用OK。

ビジネスコートのコーデ例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/outerwear/buy140773

ミリタリーテイストの強いモッズコートをスーツに羽織るとアウト?!そんな常識を破る、このシックなデザインならアリ!カシミヤ混ウールの繊細な生地感が上品で、シルエットも細身でシャープ。さりげなく個性を主張できます。

軽くて気軽に羽織れる、大人のキルティングジャケット。

ビジネスコートのコーデ例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/spu140545

重くてかさばるビジネスコートに飽き飽きしているならコレ。気軽に羽織れる大人顔のキルティングジャケットで、フットワークの軽い男前に。上下スーツでかっちりキメる日はもちろん、ぬけ感を出したいビジカジにもよく似合います。

上質なダッフルコートは、オンにもオフにも活躍。

ビジネスコートのコーデ例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/outerwear-duffle/buy150336

ロング丈のストンとした落ち感がキレイなシルエット。カジュアルに転びすぎない上質のダッフルコートは、スーツに良く似合います。ビジネスシーンで知的に魅せるなら、黒、紺、グレーがおすすめです。

暖かさ抜群のダウンは、落ち着きのあるデザインを選択。

ビジネスコートのコーデ例

Photo by zozotown
http://zozo.jp/shop/edifice/goods/8179067/?rid=1019

丈の長いダウンは、暖かく通勤や外回りに重宝します。ビジネスで浮かないために、色は、ネイビー、グレー、黒が最適。ナイロンの安っぽい素材よりも、写真のようなウール素材で仕上げたコート風なデザインを選びましょう。

チェスターコートで、英国紳士のような雰囲気に。

ビジネスコートのコーデ例

Photo by infoabso
http://www.infoabso.com/shopdetail/000000004043/001/O/page1/recommend/

チェスターコートを上品に着こなせれば、オシャレ上級者に。スーツスタイルを英国紳士のような雰囲気に格上げしてくれます。プライベートでは、デニムやチノパンと合わせてカジュアルにも遊べる優れものです。