カーディガン

そのまま羽織っても、アウターの下に重ね着しても、さりげなくキマるのがカーディガンの良いところ。うまく着こなすコーディネイト術をまとめました。

カーディガンを極めるとメンズファッションが変わる!

カーディガンは、ニット素材でできた前開きのトップスです。ボタン留めのカタチを思い浮かべますが、ジップ使いやトグルを用いたものもあります。デザインも、襟ナシからショールカラーなど襟のあるタイプまで様々。メンズファッションは、カーディガン使いで、大きく変わってきそうですよね。

どんなカーディガンを持っていれば良いのか?!

柄や色、素材感なども考えると、種類がとても多くて迷ってしまうと思います。カーディガンは数着持っているとバリエーションが広がると思います。例えば、薄手のものと厚手のもの、無地とチェック柄のもの、インナー用とアウター用、など、テイスト違いで揃えると重宝すると思います。

カーディガンを上手に着こなすために

着こなし方の基本としては、インナーとして着るなら、フロントボタンを閉じるということ。その上からアウターを羽織るときにボタンが外れているとだらしなく見えるからです。また、アウターとして着るなら、フロントボタンは開けること。インナーの重ね着がよく見えて程よいラフ感が出ます。それに、ボタンを閉めたままだと窮屈に見えることがあるのです。このルールを知っているだけでも着こなしに差がでますよ。

カーディガンでキメる、お手本コーデをチェック!

では、さっそくカーディガンのコーディネイトについて見ていきましょう。このサイトで紹介している通販ショップには、お手本が沢山ありました。

悩んだときこそ着たい、カーデ×シャツ×チノパン

カーディガンに一番似合うのは、シャツとチノパン。オーソドックスですが、これがメンズの知的な雰囲気を演出してくれるベストコーデなのです。女性ウケもばっちりなので、デートなどに着ていくと好印象ですよ。シャツの柄と色合いに注意して組み合わせましょう。

ざっくり感のあるニット素材は、アウターとしてちょうど良い

ふっくらとした肉厚なニットを選べば、気温が微妙な季節にアウターとして重宝します。ケーブル編みがポイントとなるので、インナーは無地で控えめに。美脚ラインのパンツでキリッと引き締めて履くとスタイリッシュなコーデになります。

上級者の着こなしテク。小物使いで遊び心をプラス

ネイビーカラーとシャープなシルエット、ショールカラーにセンスが光るカーディガン。さらにオシャレな個性を際立たせるなら、白シャツに、ちょっと派手めなネクタイを締めて。カーディガンだからできる素敵コーディネイトです。

立てた襟から男の色気。1枚で主役級のカーディガン。

着こなしが難しい秋冬は、1枚でサマになるカーディガンを主役に、思いきり男前に仕上げてみては。立てた襟に、セクシーな男らしさを感じる女子って多いです。チラリと見えるジャガード織りも魅力的。白のカットソーをインして清潔感も演出しよう。

ボタンを開けてシャツをイン。ベルトで魅せるデニムコーデ。

体にフィットするインナーを着て、デニムにイン。カーディガンのボタンを開けて、ハードなベルトを見せるのが今年流。キレイめな着こなしが多いカーディガンをちょっとワイルドに着こなした良いお手本です。

バイカラーが印象的。色を味方にコーデをキメる。

こんなバイカラーの効いたカーディガンなら、カラーが主役の難しそうなコーディネイトも楽々できちゃいます。ラフ感たっぷりの色落ちデニムを履いても、どこか品のある雰囲気に見えるところが優秀です。

コートから覗くのは、シンプル顔のカーディガン。

ダッフルコートやPコートなど、キレイめアウターに似合うのは、やっぱりカーディガン。白シャツをしっかり見せて着られる、シンプルなVネックデザインがおすすめ。暗めにまとまりがちな秋冬は、キリリと冴えるブルー系をチョイスするのが爽やかです。

カーディガンもチェックシャツも、ボタンを全部開けて、こなれ感アップ。

ざっくりカーディガンはホワイトカラーを選ぶと、重く見えないです。チェック柄シャツのボタンもすべて開けて着てみると、こなれ感アップ。トップスにボリュームを出した分、ボトムスは、細身スキニーでまとめよう。