パーカー

春秋はアウターとして、冬場はコートのインナーとして、大活躍するパーカー。定番アイテムだからこそ、オシャレに着こなすにはコツがあります。ここでは、お手本となるコーディネイトを紹介していきます。

メンズファッションの幅を広げるパーカーの魅力

パーカーは、首部分にフードがついているトップス。男女問わずよく着ていますので、あまり説明はいりませんよね。ナイロンやウール生地で作られた防寒機能の高いものもありますが、より一般的なのはスウェットやジャージ生地のものです。伸縮性と通気性があるので、着心地も良いです。

マンネリ化しがちなパーカーの着こなし

しかし、カジュアルなイメージが強い定番アイテムなので、使い勝手が良い分、着こなしがワンパターンになりやすいです。そんなパーカーだからこそ、上手く取り入れて、マンネリコーデから脱出したくありませんか?

パーカーコーデのポイントとは?

パーカーを着るうえでのポイントは、いかに重ね着を楽しめるかです。シャツやインナーを下に着て首元にアクセントをつけたり、コートのインナーとして着てフード部分を出してみたり、他のアイテムと組み合わせてみましょう。ファッションに遊び心を加えることができます。子どもっぽく見えやすいので、できるだけキレイめに着こなすのが大人のメンズファッションでは大切です。

パーカー使いで変わる着こなし。オシャレなお手本コーデ

オシャレなパーカーの着こなしを集めました。うまく使うと、いつものファッションが変わりますよ。

定番グレーパーカーには、チェック柄シャツでキマリ。

メンズファッションのパーカーコーデ集

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/parka/buy150646

ラフなパーカーは、どうしても部屋着っぽく見えがち。そこで、パーカーをコートがわりにして、インナーには、明るいチェック柄シャツを投入。メリハリ感がアップして、こなれ感のある大人の着こなしになります。

男らしく迷彩柄がカッコいい。主役になれるトレンドパーカー。

メンズファッションのパーカーコーデ集

Photo by Dcollection
http://clubd.co.jp/fs/clubd/0000000269/p458

迷彩柄がアクセントのパーカーなら、今年らしいアピールに。普通にデニムと合わせてもカッコいいが、ここは、あえてホワイトカラーのインナーを持ってきてみる。すると、新鮮な着こなしが出来あがります。

爽やかなボーダー柄デザインなら、パーカーがコーデの主役に。

メンズファッションのパーカーコーデ集

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/parka/buy140911

パーカーは、無地ではなく、あえてボーダー柄に挑戦するのも良いです。紺×白の爽やかさは、春夏に最適。秋冬には、アウターの下に着て、フードを出すと着こなしのアクセントになります。

フードのカラー使いがオシャレ。スタイリッシュに着こなせる1枚。

メンズファッションのパーカーコーデ集

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/parka/buy140937

フードの裏生地が別のカラーになっているデザイン性の高いパーカー。シャープなシルエットもスタイルをよく見せてくれます。こんなキレイめのパーカーを選べば、カジュアルに転ばずに、スタイリッシュな雰囲気を演出できます。

ラフなプルオーバーは、首元&手首のオシャレ感で勝負。

メンズファッションのパーカーコーデ集

Photo by zozotown
http://zozo.jp/shop/nanouniverse/goods/8596497/?did=22240693

プルオーバーは、センスのあるシャツをインして、首元や手首の部分からチラ見せ。これだけで、オシャレ度がグンと上がります。デニムを合わせる場合は、写真のようにビンテージ加工の色落ちが効いたものを選ぶと男らしくキマります。

パーカーをインナーにして、ハンサムな重ね着スタイル

メンズファッションのパーカーコーデ集

Photo by メンズファッションプラス
http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/mane/C4671

そのまま着ると地味になりがちなグレーのパーカー。上からデニムPコートを羽織れば、お見事な重ね着カジュアルコーデが完成します。カーゴパンツを合わせるとよりラフな印象になります。

インスピレーションを感じる、ロゴデザインが印象的。

メンズファッションのパーカーコーデ集

Photo by MAGASEEK
http://www.magaseek.com/product/detail/id_001602827-mc_024

パーカーのロゴデザインは、シンプルかつ、ハイセンスなバランスのものを選びましょう。それを着るだけで個性をアピールできます。写真のパーカーは、染色など日本製の仕様を追求していて、胸には47という数字のメッセージ。そういったこだわりで選ぶのもアリです。

好きなカラーを選ぶと、明るくファッショナブルな印象に。

メンズファッションのパーカーコーデ集

Photo by infoabso
http://www.infoabso.com/shopdetail/000000003919?utm_source=13&utm_medium=g765&utm_campaign=

例えば、白やピンク、ブルーなど。パーカーは意外とカラーバリエーションが豊富です。着こなしの差し色として使いましょう。写真のように、白のパーカーにした場合、グレーのインナーやカモフラ柄の落ち着いたボトムスを持ってくると、コントラストが効いて、ベストなバランスに仕上がります。