ピーコート

あらゆる年代で愛されているピーコート。オーソドックスなスタイルだからこそ、今の空気をプラスしたいものです。ここでは、選び方のアドバイスやコーディネート例も紹介します。

メンズファッションの必須アイテム!ピーコート(Pコート)

定番コートとして人気がある、ピーコート。メンズファッションのなかでも、ここまで幅広い年代に愛用されているアイテムは少ないと思います。着回し力は数あるアウターのなかでもダントツ1位とも言えます。

ピーコートの違いの見極め方

ショップで売られている大多数は、カラーがブラックかネイビーの単色のもの。アウターとしての存在感は出しにくくなっています。しかし、よく見比べてみると実は、微妙に違うのが難しいところです。シルエットの違い、生地の厚みや素材感、丈の長さ、など。自分の体型や好み、着こなしの系統に合うベストな1着を探してほしいです。

コーデで差をつけよう! ピーコートのお手本コーデをチェック。

ベーシックなアイテムだからこそ、ボトムスやトップスとの組み合わせ次第で、センスに差が出ます。小物なども使ってアクセントをつけることが大切です。このサイトで紹介しているファッション通販サイトの中から、お手本となるコーデを集めてみました。

定番だからこそ選びたい、プレミアムなピーコート。

ピーコートを使ったメンズファッションのコーデ例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/outerwear-peacoat/aud2168

目の詰まったメルトンに仕上がった最高品質。毎年羽織れる定番のピーコートこそ、素材にこだわったものを選べば、一目置かれます。アームホールの大きさ、袖丈の長さも絶妙。この上質と合わせるなら、ニットもパンツも単色使いが映えます。

あえてボタンを留める、スマートな紳士スタイル

ピーコートを使ったメンズファッションのコーデ例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/outerwear/buy140781

ミドル丈コートのカッチリしたカッコよさを主張するために、あえてボタンはすべて留めるワザ。組み合わせたのは、千鳥格子柄のテーパードストレッチパンツ。細見えの美しいシルエットで魅了するコーディネイトです。

定番のネイビーピーコートをマリンムードで着こなす。

ピーコートを使ったメンズファッションのコーデ例

Photo by zozotown
http://zozo.jp/shop/journalstandard/goods-sale/8553448/?did=22166943

もともとピーコートは海軍の軍用アウターが由来。ボタンにはイカリのマークが入っています。だから、ボーダー柄などマリンアイテムと相性が良いのは当然。カチッとカタいカタチをメンズっぽくカジュアルに着こなすのが今風です。

フードつきのフェイクレイヤードで、首元にカジュアルな存在感。

ピーコートを使ったメンズファッションのコーデ例

Photo by メンズファッションプラス
http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/S1306

写真のような取り外し可能なフードがついたデザインもあります。何枚も重ね着をするとモコモコしてしまいがちですが、これならすっきり細身に着られて便利。首まわりにカジュアルなトレンド感をプラスすることができます。

長め丈デザインが目新しい。着回しの効く優れもの。

ピーコートを使ったメンズファッションのコーデ例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/outerwear-peacoat/buy13654

ショート丈が多いピーコートですが、このデザインは、めずらしい長め丈。どんなトップスでもすっぽり隠すから、着こなしが広がります。アウターにボリュームが出るから、パンツは、スキニーやテーパードなど細身をチョイスしましょう。

色で個性をアピールする、ワインカラーのピーコート。

ピーコートを使ったメンズファッションのコーデ例

Photo by メンズファッションプラス
http://mensfashion.cc/fs/mensfashion/pct/S2950

黒やネイビーの定番をもう持っているという方に、応用として色違いをおすすめしたいです。深みのあるワインカラーなら、めずらしくて新鮮。黒をベースにコーディネイトすれば、遠くから見ても目を引くオシャレ男子になれます。