テーラードジャケット

キレイめアウターとして流行問わず活躍する、テーラードジャケット。おしゃれにこだわるメンズなら、数着は持っています。色や素材、デザイン、似合うインナーやボトムスのこともまとめました。

キレイめアウター、テーラードジャケットを極めよう!

テーラードジャケットは、スーツの上着のような襟がついているデザインです。テーラーという言葉は、仕立屋という意味。丁寧に仕立てられた上着のことを呼ぶのです。現在では、スーツとは違う生地を使って、よりカジュアル感を出したものがテーラードジャケットと位置づけられています。素材やデザイン、柄やカラーも豊富。メンズの着こなしには、欠かせないアイテムのひとつとなっています。年齢を問わず似合って、女子ウケも良いので、持っていて損なしです。

テーラードジャケットの合わせ方

テーラードジャケットは、シャツやベルト、パンツ、靴などとの組み合わせが面白いです。ジャケットの素材や色味、柄の有無などで、合わせるアイテムを決めます。例えば、デニムやパーカー、スニーカーと合わせれば、ラフスタイルに。チノパンや革靴と合わせれば、ビジカジ風に。コーディネイトによって、カジュアルからキレイめスタイルまで、見た目の印象がガラリと変わってきます。デザインの異なるテーラードジャケットを数着持っていると、着こなしの幅が広がりますよ。

ファッション通販ショップで買える、お手本コーデをチェック!

テーラードジャケットには、どんなアイテムを組み合わせたら、センス良く見えるのでしょう。ここでは、通販ショップで購入できるお手本コーデを集めました。これを参考に、自分が持っている他の洋服とどう合わせるか考えてみてくださいね。

ジャガード総柄テーラードは、シンプルにまとめるのが正解。

テーラードジャケットのコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/jacket-tailored/sms150820

このジャケットは、柔らかくカーディガン感覚で羽織れるのでカチっとしすぎずラフな印象。今年っぽい総柄を主役にするために、インナーとボトムスは、控えめにモノトーンをチョイス。大人のキレイめカジュアルに仕上がります。

ボーダーシャツ×白パンツ。爽やかなマリン風を着こなそう。

テーラードジャケットのコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/jacket-tailored/spu141411

ブルー系の無地ジャケットには、ボーダーシャツでアクセントを効かせて、白パンツを合わせると爽やかさがアップします。清潔感のあるマリンスタイルは、誰から見ても好印象です。

定番スタイルに飽きたら、ひと味違うニットテーラード。

テーラードジャケットのコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/jacket-tailored/spu150821

定番のテーラードコーデでは物足りない方におすすめ。ニットで編み込んだ、動きやすい生地感が秋冬らしく新鮮です。体にフィットするラインを際立たせるために、タートル×黒パンツなら、引き締まります。

羽織るだけでサマになる、鉄板のブラックテーラード

テーラードジャケットのコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/jacket-tailored/buy150134

黒のテーラードジャケットは、コーディネイト自在。デニムと白インナーを合わせた定番カジュアルでもどこかおしゃれ感が漂うから優秀。はじめての1着としてもおすすめしたいです。

淡い色味のジャケットに、チェック柄パンツをチョイス

テーラードジャケットのコーディネート例

Photo by SPUTNICKS
http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/jacket-tailored/buy141077

ベージュ系のジャケットは、色の組み合わせが難しい上級者向け。チェック柄のボトムスにポイントを持ってくるとバランスが良くなります。無地の白インナーが控えめに大人のこなれ感を演出します。

テーラードジャケットの色

テーラードジャケットのカラーは豊富です。その中から、自分に合うものを見つけてみましょう。

ネイビー(紺)

定番のネイビーは、使い勝手の良さが特徴。ブラックに比べて、爽やかさや誠実さをアピールすることができ、明るめのインナーを合わせるのも簡単。その知的な印象に惹かれる女性も多いようで、女子ウケ度はかなり高めです。20~50代など、幅広い年代に愛用されています。

ブラック(黒)

まさにテーラードジャケットと呼べるのがブラック。若い年代に圧倒的な人気を誇り、まさに定番中の定番といえるでしょう。着回し力の高さも随一で、どんなパンツでも一定以上のセンスを出すことができます。唯一の欠点は、インナーに明るい色を取り入れるのが難しいこと。モノトーン系でシンプルにまとめて、小物でアクセントをつけるのがテッパンです。

グレー

30代くらいから着こなしていきたいのがグレーのテーラードジャケット。サイズや着回しを誤ると、急にオジサン感が出てしまうので注意が必要です。オススメはボトムスに濃い目の色をもってくること。柔らかい雰囲気のアウターに、引き締まった印象のボトムスで大人の落ち着きを演出することができます。

ベージュ

かなりマイナーな印象がありますが、じわじわ人気が出てきているカラー。「落ち着いていて優しそう」そんな雰囲気を出したいなら、ベージュが気分といえるでしょう。